超絶遅速更新駄文置場 ときどき 日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏まつり
2010年08月01日 (日) | 編集 |
お~~~~~……
8月になっちゃいましたよー!
何なのこの早さ(*_*;

もうすぐ「今年もあとわずか」とか言うんだぜ(死)うひゃーーん

暑さで血迷ったのでしょうか……まさかのTQです(笑)
だけどココに来て読んで下さってる方でコレが分かる人、何人いらっさるのだろう……
一応昔の『夏祭り』を踏んだネタです。
でも知ってても知らなくてもウチの真田甚はヘンな人です(でも可愛いハイハイ

読んでみてもいいぞ♪って方、お進み下さい、お館様!(今日もBASARA見たよ・笑)


今年の夏まつり





終業後持って帰る書類を物色していると、先に着替えを済ませた真田が姿を現した。
「高嶺」
「はい」
真田を見て「おや?」と思う。
「これからどちらに?」
「嶺、今日はデートをしないか」
「は?」
あまりの唐突さに思わず聞き返していた。
「その…… そこの祭りに、行かないか」
そう言えば今日はこの付近のお祭りだ。
以前行った時にすいぶんと楽しかったらしく、数週間前から真田が楽しみにしていたのを高嶺は思い出した。
こういう時、常に茶々を入れてくる一ノ宮は今日は非番で、その所為かこの真田の発言にかえって室内に沈黙が広がった。
しかし高嶺は周囲の反応は全く気にはしない。そんなことを気にしているようでは真田隊の副隊長が務まるはずがない。
「今年は一ノ宮さんはいらっしゃらないのですか?」
「一ノ宮さんは境内の入り口で待っている。お前も連れて来いと」
ああなるほど、と納得がいった。
自分を思い遣ってくれてのことではあるけれど、二人だけの方が真田も羽根を伸ばせるだろうと高嶺は判断した。
「隊長、今日はやってしまいたい資料の整理もありますので、一ノ宮さんと楽しんできて下さい。元々デートは二人でするものですからね」
「そうか……迂闊だったな」
「一ノ宮さんによろしくお伝え下さい」
「高嶺、言い直そう。さんぴーと言えばいいのか?」

がらがらがっしゃ~ん

音源を見れば嶋本が床に倒れていた。
そこは根っからのレスキューマン、真田はすかさず駆け寄る。
「シマ、どうした? 大丈夫か?」
「へ……へーき です……」
起きあがろうとする嶋本を押し留め、真田は確認する。
「待て、まず落ち着け。深呼吸」
ス~ハ~(だから原因は……)
「目眩はしないか?」
(するっちゃしますけど……)
「痛む個所はないか?」
(たいちょ、なんかもー……頭もココロも痛いッス)
「隊長、シマはゴミ箱につまづいただけかと。大丈夫ですから遅れない内にいらした方が」
高嶺の言葉に真田は肯き、立ち上がった。
「そうか…… シマ、何もなければ良いがトッキュー隊の隊長としては不注意だぞ。気が緩んでいるようでは下の者にも示しがつかない」
「う……スンマセンでした」
嶋本の気持ちは周囲の者に痛いほどわかる。(オマエの所為だー!)

「隊長……」
真田を促し玄関に向かいながら、高嶺は後ろから話しかける。
「ひとつお願いがあるのですが」
「なんだ?」
「今年もわたあめを買ってきて下さいませんか?」
振り返った真田の顔がぱっと輝く。
「お帰りになったら、またコーヒーを」
「この前はカフェオレだったぞ」
「では今年もカフェオレで」
「うむ、了解した」 

真田を見送る高嶺に、声が掛かった。
「高嶺くんは行かないの?」
「やはりあなたでしたか……五十嵐機長」
「あらだって、真田くんがデートだデートだって騒いでるから、話聞いてみたら三人で行くって。だから三人はデートって言わないのよって教えただけ」
「3Pは?」 
「あ~、面白いから言ってみたけど?」
「他の隊員の手前もありますので、あまり職場に似つかわしくない単語はお控え頂きたいのですが」
「は~ ……アナタも苦労するわね~」
「あなたには言われたくありません……」



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



「一ノ宮さん!」
姿を認めて走り寄る真田。
「おう!真田~」
一体どこからダッシュしてきたんだという勢いで真田は急停止した。
「…れ?高嶺ちゃんは?」
大きく息を数回、吸って吐いて整えると真田ははっきりとした声で答える。
「高嶺は さんぴー は嫌だとの事です。よろしくと」
「………………」
「一ノ宮さん?」
溜め息ひとつ。周囲の冷たい視線から逃れるべく、一ノ宮は真田を伴って奥の院に向かった。
「まぁ何があったか、想像はつくけどな~」
「?」
「高嶺ちゃんも大変だぁね……」
「はい。嶺にはお土産を買って行きます」
「綿菓子か?」
「はい」
それでもこの晴れ晴れとした顔を見ていると、細かい事はどうでも良くなってくるから不思議だ。

一ノ宮は今年も真田の《金魚レスキュー》を阻止するべく、後について行った。




2010/08/01





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
どうしたのですか!?まさかまさかの TQネタ(笑)
うれしいんですけども!!!

久し振りに シマ の たいちょ も見れてやっぱ レスキュの真田さん いいなあって思いました!

真田さんたちって ハゲ が好きなんでしょうか?(笑)
2010/08/01(日) 22:17:51 | URL | ぽよ #JalddpaA[ 編集]
Σ(((゜■゜*)))
はッ!!! そうだったのか……
目からウロコでございますよ!
真田家にはハゲ好きの遺伝子が脈々と流れているんだよ……
ぽよ様のするどさに敬服致します(今頃気づいても遅い・殴e-329
2010/08/02(月) 19:57:04 | URL | ねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。