超絶遅速更新駄文置場 ときどき 日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田家の大晦日
2010年12月30日 (木) | 編集 |
大晦日も大晦日、あと数刻で新年を迎えようという時間に、ゆっきーの部屋に呼ばれた佐助。

「なに?旦那、俺様年越し蕎麦の準備しなきゃなんなくていっそがしいんだけどな~」
「佐助、今年もよう働いてくれた。新年を迎えるにあたって忍隊の長たるお前に申しておきたい事があってな」
思わず膝を折って控えの姿勢を取る佐助。
「今の世は実力主義、力ある者が世を渡って行けるとさる方が仰有ってな、そこで俺も……」
ゆっきー手にした巻物をべろ~~んと広げたよ。
そこには

【真田忍隊検定】

「……はぁ!? 旦那、なにコレ?」
「見ての通りだ。来年からうちでも公平に実力ある者を重用していこうと思ってな。どうだ、良い考えであろう?」

そこには色々な検定項目が書かれてたんだけど、良く見れば……

「ちょ、ちょちょちょ、ちょっと?何で一級に料理とかあるわけ? それにコレなに?スマイルって何?スマイルって!?」
「すまいるとは笑顔のことだ」
「旦那~…また独眼竜にかつがれて!」
「まっ、政宗殿は関係ござらん!」
「い~い? 忍がご飯作ってるのも、布団干したり庭掃除したり若様の散歩に付き合ったり若様に団子買ってきたりしてるのも う ち だ け だ か ら ね!!!」
むぅ~と口とんがらかしてるゆっきー。
「だからヘンな事言い出さないで……俺様は旦那の年越し蕎麦用意すんので時間いっぱいなの! 大人しくしててね、旦那」


大慌てで厨に戻った佐助。
そこで目にしたものは……

「こんな刻限にどこに行っていた? 御家来衆にお出しする蕎麦はこちらで何とかするから、お前は早く若の分を」

さすがはとっぷおぶざ真田忍隊の十勇士の皆様。
二番手・才蔵さんの指示に従ってちゃっちゃと準備がすすめられておりました。

佐助 感激☆

「才蔵ちゃん~、一級~♪」
「貴様……煮立った湯でも掛けてやろうか」
抱きつこうとしたら普段持ち慣れてる苦無じゃなくて、葱刻んでる包丁むけられました。
これも新鮮( ̄m ̄)


来年もお馬鹿妄想にお付き合いくださいますれば幸い




スポンサーサイト
そろそろ
2010年08月29日 (日) | 編集 |
こんだけ妄想してると、そろそろBASARAについて呟きたくなってきましゅた(* ̄▽ ̄*)b
かっ飛んだコトばかり喋ってますが、かわいそうなコ と思召してそっとしといてやって下さい(笑)

今マイブームなのは《大奥BASARA》ナンダト?

よしながふみさんの《大奥》が映画化されるじゃないですか?
それが楽しみだねってトモダチと話してたんですが……
それとBASARAをコラボってみました( ̄m ̄)

アニメ弐になぞって配役。(配役て

上様 秀吉
御代様 はんべー    なのですよ。

で、側室に

伊達の方様
真田の方様

美しさから言えば 毛利の方様 いてもイイよね♪
私的には御匙(御殿医)にはアニキを推薦。

あ!大事なことです。
幸村総受けにて
政宗は 原則受け。ゆっきーに対してだけは左側でお送りしています!

駄目な方、まわれ右をお勧め致します!!



そんでね、ゆっきー可愛いから秀吉に愛されてるの。
でも 秀吉大好きな御代様からはものすごく嫌われてて、色々いぢわるされるんだけど、ゆっきーまったく気がついてなかったり……(そこ!ニブイって言わない!)

むねたんは大奥に入り込んで、上様の気をこちらに向かせて天下を取ろうと思ってるのね。
でも「かったりー」とか「だりー」とか理由つけては上様を拒むもんだから、お付きの小十郎はむしろゆっきーに期待してるのですが……

むねたんは鋭いコなので、御代のゆっきーに対するいぢわるをちゃんと知ってて(鋭くなくてもわかります・笑)何かにつけてゆっきーをかばってあげてるのね。

今日もオボコイ幸村がおするすると事が運ぶように閨の手ほどきしてあげようと部屋に呼びつけます。
「伊達の方様、美味しい団子を持って参りましたゆえ一緒に如何でござるか?」
「団子はいーんだよ……HEY! 真田幸村、とりあえず着物の裾はだけてそこに寝ころびな!」
ゆっきーの乳母?佐助があわてて飛んできます。
「ちょ!ちょっとちょっと、止めてよね伊達の方様!」
「An? また出たな……お前がこーゆーコトちゃんと教えとかねーから、こーゆーのが出来ちまうんだろ?」
「や!聞く耳持ってもらえないってゆーかー……俺様も教えようとはしたのよ?一応。その辺の苦労は分かってほしいな~って」
「All right……例の破廉恥でござるぅーか……あれはあれで可愛いとは思うんだけどよ」


「伊達の方様~、 某いつまで寝ていれば良いでござるか~?」
大の字に寝てる真田幸村。
その寝姿、豪快なり(笑)


「真田の方様、そのような元気な声ではなく小さな消え入りそうな声で、上様、と言え。上目遣いで瞬きを多く、上様の御顔を見上げると効果的だ」
政宗つきの小十郎のレクチャー入ります!

「小十郎、てめえ!俺の幸村になに教えやがる!」
「政宗様がなさらないのであれば、同じ側室の真田の方様に頑張って頂くしかないでしょう。あの性悪の御代様から上様をこちらに向けさせるのは至難の業。何の為に大奥に入られたかお忘れか」
これが世にいう《伊達真田同盟》です←いわない


こーゆー妄想は 私のオトモダチが吹き込んで下さるのですよ♪
日々お世話になっております、Pよ。様……


続きは……??? どうでしょう(笑)←何もかも無責任妄想。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。